松葉ガニと皆生温泉のんびり旅

米子の魅力に触れる旅。米子ならではの水木しげるワールドを堪能。

Point1 境港水産物直売センター
米子鬼太郎空港からまず向かったのは境港水産物直売センター。境港で水揚げされた新鮮な海の幸がずらり。新鮮さ命の海の幸ですから、時間は16時まで。おいしいお魚をゲットしたい方は、お早めに!とってもお買い得です。
Point2 水木しげるロード
次に向かうのは、鳥取を語るには欠かせない鬼太郎です。鬼太郎に会いに水木しげるロードに行くと、鬼太郎や猫娘、ねずみ男などに出会えます。一緒に記念写真をパシャり。

© 水木プロ

Point3 水木しげる記念館
ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるさんは境港のご出身。鬼太郎&水木しげるワールドを楽しめる人気の記念館。原画や閲覧可能な漫画の他に妖怪が潜む妖怪屋敷や「ゲゲゲの女房」でお馴染みのちゃぶ台風景を再現したコーナーも楽しむことができます。

© 水木プロ

Point4 皆生温泉 華水亭
温泉はもう言うことなし!食事も旬な海の幸を使った板長こだわりの会席料理もあり。たくさんとり揃えられた地酒と一緒に、地元の豊かな食事を楽しんじゃいます。

米子の冬をゆったりと。街も味もここだけの出会いを満喫しよう。

Point1 米子水鳥公園
朝から向かうのは、西日本有数の水鳥の飛来地、米子水鳥公園。冬の米子水鳥公園はコハクチョウのねぐらになっていて、朝にはコハクチョウの飛び立つ姿を見ることができるんです。ネイチャーセンターの望遠鏡からバッチリ観察できますよ。
Point2 お食事処さかゑや
お腹を空かせて向かうのは、境港市公認の新かにめしを食べられる「さかゑや」。長イモのしゃきしゃきとした歯触りも楽しい“新かにめし”。旬のお刺身、カニ味噌入り茶碗蒸し、白ネギの汁物がついて、大満足です。
Point3 寺町通り
全国的にも珍しい場所に向かいます!江戸時代から明治時代にかけて栄えた米子市旧加茂川周辺地域。その外れにある寺町通りは、9つのお寺が横に並んでいるんです。どれも個性に富んでいて、自分好みのお寺を探してみるのも、楽しいですね。
Point4 弓ヶ浜海岸からの夕日
帰る前に、見ておきたいのは弓ヶ浜海岸。米子市と境港市とにまたがる長い海岸なので、どこまでも続いているように見えます。遮るものの何もない日本海。寒いので暖かい格好で行きましょうね。
Page Top